株式会社扶桑情報通信
 


 株式会社 扶桑情報通信は1995年(平成7年)私、小沼薫と現、情報通信事業部・部長である酒井明夫により設立しました。
バブル崩壊後の経済情勢が厳しさを増す中、当時のソフトウェア産業もまた同様に一段と厳しい状況下での船出でした。
  しかしながら、一方では汎用機が主流であった当産業もオープン系技術の進歩により新しい分野が育ち始めた時期でもありました。
 また、ここ近年はWeb系による新たな分野が主流となりつつあります。
こうした中にあって弊社は、それまで蓄積してきた汎用機の技術を事業の中心に据え、さらに新しい分野に向かって常に挑戦しながら業績を着実に拡大してまいりました。
  株式会社 扶桑情報通信は、自らの努力と挑戦によって築き上げてきたソフトウェア技術を次の世代へ継承し、豊かなコンピューター社会の実現をめざし、これからのより一層の発展と次世代への恒久性に向かって、邁進してまいる所存です。

2005/8/吉日
代表取締役社長 小沼 薫


Copyright(C) 2005 Fuso-ic Corporation. All Rights Reserved.